スロットマシン グレアおじいちゃん 夏

Developer

Laravelで簡単なCRUDを作成の巻 第1話 魁!小野の塾
2022.11.02
Lv2

Laravelで簡単なCRUDを作成の巻 第1話 魁!小野の塾

Laravelで簡単なCRUDを作成

Laravelで簡単な掲示板を作成の巻 では、かなり簡単な掲示板を作成してみましたので、今回は、マスタメンテナンスとして、部署マスタのCRUD(クラッド:登録・更新・削除・一覧の処理)を作成してみたいと思います。

認証なしで、2画面遷移の初期表示に一覧表示、削除処理、登録・更新機能を別画面で行います。
Blade部分では、Laravel7 から登場した、Blade Components を利用します。Laravelは を押していますが、今回も を利用して、テンプレートを作成していきます。

対象のスキルレベル

構築環境

  • Windows10
  • XAMPP 8.1.2(PHP 8.1.2, MariaDB 10.4.22)
  • Laravel v9.33.0

完成イメージ



部署マスタメンテナンスですが、部署マスタは、処理を簡単にするために、部署名と電話番号だけを管理するようにします。

初期表示(一覧画面)

初期表示では、一覧表示(ページ処理を実装)、新規、更新処理への遷移、削除処理(モーダル表示)

登録・変更画面

新規登録、更新処理をおこないます。

構築作業の流れ

簡単に処理の流れを説明します。

  1. composer create-project –prefer-dist laravel/laravel dept
    プロジェクトを作成します。
  2. config/app.php設定
    timezone, locale, faker_localeの設定
  3. phpMyAdminでデータベースの定義(dept)
  4. .env設定
    データベースの接続設定
  5. php artisan make:model Dept -m
    app/Models/Dept.php と database/migrations/yyyy_MM_dd_HHmmss_create_dept_table.php が自動生成されるので、それぞれ修正
  6. php artisan migrate
    MariaDBにテーブルを作成
  7. php artisan make:controller DeptController –model=Dept –resource –requests
    app/Http/Contollers/DeptContoller.php
    app/Http/Requestsに、StoreDeptRequest.php, UpdateDeptRequest.php が自動生成
  8. routes/web.php にルートを定義
  9. public/css/style.css を定義(任意)
  10. resources/views/components/app.blade.php
    resources/views/components/input.blade.php
    Blade Componentsとして、レイアウトとinput部品を作成
  11. resources/views/dept/index.blade.php を作成
  12. app/Http/Contollers/DeptContoller.php の indexに viewを定義し、動作確認
  13. Controller、ValidationとBladeの実装
  14. php artisan vendor:publish –tag=laravel-pagination
    ページ処理を実装
  15. composer require laravel-lang/publisher laravel-lang/lang –dev
    php artisan lang:add ja
    日本語化対応

Laravelで簡単な掲示板を作成の巻 と比較すると、作業が多いですが、CRUDを作成するうえで必用な作業になります。
環境構築やテンプレート作成、日本語化は、1プロジェクトで1回のみしか行いませんが、今回は全て行いますので、作業が多く感じられるかも知れません。

慣れてしまえば、HTMLを作成して、テンプレートが出来れば、それ以外のコードは簡単に出来ると思います。
最初のうちは、普通にPHPで書きたいと思うのですが、Laravelの関数などを利用して、慣れて欲しいです。

プロジェクト作成から基本設定

早速、プロジェクトを作成していきたいと思います。
コマンドプロンプトを開き、公開ディレクトリ(C:\xampp8.1.2\htdocs)へ移動し、以下のコマンドを入力します。

composer create-project –prefer-dist laravel/laravel dept

deptフォルダーに移動します。

cd dept

config/app.php設定の設定を行います。

phpMyAdminを開き、dept データベースを作成します。

.envの設定で、データベース名(DB_DATABASE)にdeptを指定します。

分からない場合

Laravelで簡単な掲示板を作成の巻 第1話 を参照してください。

データベースの接続設定が終了したら、モデルの作成を行います。
コマンドプロンプトにて以下を入力します。

php artisan make:model Dept -m

app/Models/Dept.php

<?php

namespace App\Models;

use Illuminate\Database\Eloquent\Factories\HasFactory;
use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class Dept extends Model
{
    use HasFactory;

    protected $fillable = [
        'name',
        'tel',
    ];
}

database/migrations/yyyy_MM_dd_HHmmss_create_depts_table.php

<?php

use Illuminate\Database\Migrations\Migration;
use Illuminate\Database\Schema\Blueprint;
use Illuminate\Support\Facades\Schema;

return new class extends Migration
{
    /**
     * Run the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function up()
    {
        Schema::create('depts', function (Blueprint $table) {
            $table->id();
            $table->string('name');
            $table->string('tel', 20);
            $table->timestamps();
        });
    }

    /**
     * Reverse the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function down()
    {
        Schema::dropIfExists('depts');
    }
};

ポイント

部署名と電話番号の項目を追加します。電話番号の最大文字数は、20文字とします。
未指定の場合は、255文字となります。

データベースにテーブルを作成します。
コマンドプロンプトにて以下を入力します。

php artisan migrate

phpMyAdminでテーブルが作成されていることを確認したら、Controllerを作成します。
コマンドプロンプトにて以下を入力します。

php artisan make:controller DeptController –model=Dept –resource –requests

Controllerが作成出来たら、routes/web.php にルートを追加します。

routes/web.php

<?php

use App\Http\Controllers\DeptController;
use Illuminate\Support\Facades\Route;

/*
|--------------------------------------------------------------------------
| Web Routes
|--------------------------------------------------------------------------
|
| Here is where you can register web routes for your application. These
| routes are loaded by the RouteServiceProvider within a group which
| contains the "web" middleware group. Now create something great!
|
*/

Route::get('/', function () {
    return view('welcome');
});
Route::resource('dept', DeptController::class);

今回はここまでにして、次回は、Blade Components のレイアウト作成から説明していきます。

魁!小野の塾 連載目次リンク